InDesignCC2018からPDF/X-1aデータの作成方法

Macintosh版インデザインCC2018において、A4規格[210ミリ(W)×297ミリ(H)]の新規ドキュメント8ページ左綴じを作成し、天地左右に3ミリの裁ち落としが付いたPDF/X-1aデータ[216ミリ(W)×303ミリ(H)]を作成する方法を解説いたします。

ページ数 8ページ
ページサイズ A4規格[210ミリ(W)×297ミリ(H)]
方   向
綴 じ 方 左綴じ
裁ち落とし 3ミリ

ページパレット

「ファイル」→「新規ドキュメント」

新規ドキュメント

新規ドキュメント設定

新規マージン/段組み

・組み方向:横組み

マージン・段組・組方向設定

組方向:右綴じは、一般的に縦組み。左綴じは横組みになります。

pdf/x-4作成 書き出し

ファイル書き出し

ファイル名をつけます

ファイル名をつけます

ファイル名は任意ですが、拡張子は「.pdf」となります。
形式は「Adobe PDF(プリント)」を選択し、保存をクリックします。

Adobe PDFを書き出し:一般設定

書き出し:一般設定

PDF書き出しプリセットは:「PDF/X-1a:2001(日本)」
上記の選択すると自動で互換性のタグがAcrobat4(PDF1.3)になります。
書き出すページ:すべて
見開き印刷のチェックは入れません。

Adobe PDFを書き出し:圧縮設定

書き出し:圧縮設定

画像:ダウンサンプル(バイキュービック法)450ppiを超える画像に対しては350ppiにダウンサンプルする
圧縮:「ZIP」
テキストおよびラインアートの圧縮:チェックを入れる
画像データをフレームにクロップ:チェックを入れる
設定を変更すると[PDF/X-1a:2001(日本)](変更)となりますが問題はありません。

Adobe PDFを書き出し:トンボと裁ち落とし設定

書き出し:トンボと裁ち落とし

裁ち落としは、3ミリに設定してください。

Adobe PDFを書き出し:詳細設定

書き出し:詳細設定

透明の分割・統合を「高解像度」に設定してください。
以上の設定が終わったら「書き出し」をクリックしPDFを作成します。

●PDFが作成できたら、入稿する前にAcrobatでプリフライト(検証)を行います。

インデザインCCからPDF/X-1aデータ作成の補足

最初に「PDF 書き出しプリセット」を保存しておくと、この設定を選ぶだけでPDF/X-1aデータが簡単に作成することが可能になります。

PDF 書き出しプリセットの保存

一般設定、圧縮、トンボと裁ち落とし、色分解、詳細設定後、「プリセットを保存…」をクリックしてください。

プリセットを保存

プリセット名入力

プリセット名は任意ですが、ここでは「PDF X1a 印刷会社用」と名前を付けてクリックします。

「ファイル」→「PDF 書き出しプリセット」

PDF 書き出しプリセット

ファイル名をつけます

ファイル名をつけます

ファイル名は任意ですが、拡張子は「.pdf」となります。

PDF書き出し

「PDF 書き出しプリセット」が先ほどつけた名前になっているか確認してください。
「書き出し」をクリックします。

Adobe PDF プリセットをご用意しております。解凍してご使用下さい。

  • ダウンロードのファイル名:cc2018_x1a.zipです。
  • 解凍後のファイル名は「PDF_X1a_CC2018_マツオ印刷.joboptions」となります。
  • 「ファイル」→「PDF 書き出しプリセット」→「定義」から読み込んでご使用下さい。
  • PDFプリセットファイルは、読み込むとイラストレーターCC2018でも使用可能となります。

InDesign CC2018用 プリセットのダウンロード

PDF/X-1aデータの作成方法(ソフト・バージョン別)

PDF/X-4データについてはこちら

取り扱い商品のご案内

オフセット印刷

オンデマンド印刷

PDF/X-1aデータの作成方法に戻る

pagetop