用語集

塗り足し

塗り足しとは、一般的に裁ち落としと同じ意味で使われています。

塗り足しとは、写真や絵柄などをページの仕上がりいっぱいにレイアウトして、余白をなくしたものをいいます。通常の印刷物は印刷後断裁機により周囲を断裁いたします。絵柄を仕上がり線ぎりぎりにレイアウトすると、断裁時の誤差などで紙の周囲に白地が発生する場合があります。これを防ぐために、絵柄は3mm程度はみ出させて作る必要があります。 はみ出させた部分を塗り足しといいます。ワードでデータを作る場合、一回り大きな用紙の中に絵柄を作る必要がありますのでご注意ください。

裁ち落とし(塗り足し)デザインについて

用語集 一覧に戻る

取り扱い商品のご案内

オフセット印刷
オンデマンド印刷

アーカイブ

pagetop