解像度とは。パンフレット・中綴じ冊子・選挙ポスター・メニュー・往復はがき・年賀状印刷のデータ入稿専門印刷通販。

用語集

解像度

出力装置のCRTディスプレイやプリンタ、タイプセッタ、イメージセッタ、あるいは入力装置のイメージスキャナなどの入力・出力の精度のことをいう。一般には1インチ当たりのドット数で表現し、dpiの単位が用いられている。普通紙プリンタの解像度は300dpi~600dpiが一般的であり、また感光材料(印画紙・フィルム・プレート)に露光するプレートセッタやイメージセッタでは1200dpi~5000dpiと幅広くなっている。一般的には解像度が高くなるほど出力品質は高くなるといえる。

用語集 一覧に戻る

アーカイブ

pagetop