用語集 - ドブとは - パンフレット・中綴じ冊子印刷ならネット印刷のマツオ印刷

用語集

ドブ

「多面つけ」で印刷するときに、天地左右に接する印刷面との間に空きを取る必要がある。仕上がり線と製版線の間の裁ちしろを含め、大裁ちする場合に必要なこの空きを「ドブ」といい「ドブを取る」という言い方をする。裁ちしろは通常3mm程度とるので、ドブは5mm以上必要となる。

用語集 一覧に戻る

アーカイブ

pagetop