印刷線数とは。パンフレット・中綴じ冊子・選挙ポスター・メニュー・往復はがき・年賀状印刷のデータ入稿専門印刷通販。

用語集

印刷線数

「印刷線数」とは、印刷の精度を示す尺度のひとつで、写真など濃淡のある部分は、製版段階で細かい「点」=「網点」に変えて印刷しております。この網点が1インチ(2.54センチ)に何列並んでいるかという意味です。単位は「〜線」といい、たくさん並んでいるほど網点一つひとつの大きさは小さくなり、よりきめ細かい表現がでます。現在印刷業界でよく使われている線数は175線です。

用語集 一覧に戻る

アーカイブ

pagetop