マツオ印刷株式会社 » 現在の取り組み

現在の取り組み

創業61年の確かな品質、最先端技術で未来を創造

福岡県嘉麻市に創業し60余年。少数精鋭の社員と様々な印刷に携わってまいりました。
その間に、印刷環境は目覚ましい進歩を遂げ、高度情報化社会が発展して行く中、印刷物の大量印刷・大量消費の時代は幕を閉じました。
誰でも簡単に印刷物が作れる時代。この時代に乗り遅れない為に従来型の「受動的」なサービスではなく、お客様のニーズに素早く応対できるよう最先端技術で未来を創造してまいります。
そのためには、品質の良い製品を「小ロット」からでも「スピーディ」に納品することはもちろん、時代の流れに合わせた対応が必須となります。弊社は、これまでに蓄積してきた技術と情報を駆使し、お客様に「ここまでやってもらえるのか」と思っていただけるよう、社員一人ひとりが自ら考え創意工夫して行きたいと思っております。

高精細印刷で印刷品質の差別化。

ハイデルベルグ スープラセッター

高い品質を求められる印刷には弊社の高精細印刷(300線・20ミクロン)をご利用ください。

現在主流のカラー印刷のスクリーン線数は175線ですが、マツオ印刷ではこれまで培ってきた弊社独自の技術をによって、300線の高精細ハイブリッド印刷を実現し、これを標準仕様といたしました。

微細な網点で再現される印刷物は、全体のディテール(細部)がまるで写真のように仕上がります。

300線高精細印刷について詳しく解説しております。
高精細印刷について
ご希望のお客様に無料印刷サンプルをお送りしております。ご利用ください。
無料印刷サンプル請求

175線や300線の線数とは…

印刷物の写真などに表されている点を網点といい、点の大小により写真原稿の濃淡を表します。デジタル処理の場合は、コンピューター(RIP)で網点を発生させ、プレートに出力します。

○○線とは、この網点が1インチ(2.54センチ)に何列並んでいるかという意味です。たくさん並んでいるほど網点一つひとつの大きさは小さくなり、よりきめ細かい表現がでます。300線以上から高精細印刷と呼ばれており、現在印刷業界でよく使われている線数は175線です。

小ロット他品種対応の印刷に向けて

ハイデルベルグ社(SM52)のオフセット4色印刷機

「小ロット」「短納期」そして「高品質化」のニーズがますます進む中、今日の商業印刷会社には厳しいコスト管理が求められています。

そこでデジタルデータを直接刷版に出力するCTP(300線の高精細)と4色印刷機(ハイデルベルグ社のスピードマスターSM52)を導入し、刻々と変化するニーズにも素早く、そして的確に応えられる体制づくりを確立しました。

弊社では、お客様のデータを他のお客様のデータと付け合わせせずに、1点ずつ印刷しております。印刷オペレーターは絵柄の外に印刷されたパッチを濃度計で測色し、いつでも同じ濃度で印刷されるよう、管理を行っております。

お客様の立場に立って考え、一つひとつの印刷レベルからトータルワークフローまで、それぞれのニーズにぴったりのソリューションを提供致します。

極小ロットのオンデマンド印刷対応

オンデマンド印刷機 コニカミノルタ bizhub PRESS C1100

2015年3月オンデマンド印刷機をコニカミノルタ社製 bizhub PRESS C1100に更新いたしました。

印刷解像度は今迄2400dpiから3600dpi相当まで上がり、品質面において格段に向上いたしました。スピードもA4サイズ片面 1分当たり70枚から100枚と4割アップとなりました。印刷用本紙に直接印刷するタイプでは最高級品質の印刷となります。

また、オンデマンド印刷機で、非コート紙(上質紙)の冊子を印刷する場合、カールや静電気が発生する独特の欠点がありました。この機械は、加湿機構を備えておりますので、用紙の波打ちを軽減し、オフセット印刷に近い仕上がりを実現しております。

冊子類で200冊まで対応いたしますので、何なりとお申し付けいただけますようお願い申し上げます。

カーボン・ニュートラルサービス

パウダーレスインキ『キレイナ』で印刷

パウダーレスインキ「キレイナ」

パウダーレスインキ「キレイナ」とは、株式会社T&K TOKAが開発した印刷に欠かせないパウダーの散布を必要としない夢のインキです。
パウダーは、印刷品質を低下させることはもとより、PP貼り加工などの後加工の品質劣化を加速します。
パウダーレスインキ「キレイナ」は、製品のザラつき感や、機械内部に溜まったパウダーの落下や飛散が原因の製品不良を防止できます。
インキのコストは上昇しますが、印刷直後にインキ表面を改質し、セット乾燥時間を短縮。皮膜表面を「ベタベタ」から「サラサラ」な状態へ改質することにより、後加工(折り加工・断裁加工)の作業性が向上し、トータルコストを削減いたします。

  • パウダーとは、印刷が終わった用紙が次々に積み重なった時に、紙と紙の間に微細な隙間を作って紙同士が密着しないようにするための微細な白い粉です。一般にトウモロコシ・ジャガイモ・小麦粉などの澱粉(でんぷん)を主原料として作られています。沢山使用すると印刷物の表面がガザガザになり、印刷品質に悪影響を与えます。

電子書籍

中綴じパンフレットのデータを電子書籍にすることが出来ます。スクロールせずにページをめくる。実際に本を扱うような感覚で、重要な部分に付箋をつけたり、ペンで書き込んだり消したり出来ます。とても便利な機能を持った電子書籍です。

詳しくはこちら
電子書籍

ユニバーサルデザイン(UD)フォント表示のホームページ

当サイトは、モリサワのWebフォント「UD新ゴ」を使用しております。Webフォントを使ったウェブサイトは、閲覧する側に指定されたフォントが搭載されていなくても、制作側で指定された書体が表示されます。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末などのウェブブラウザでの表示も可能です。

「UD新ゴ」とはより多くの人へ適切に情報を伝えられるよう配慮したユニバーサルデザインフォントです。空間に余裕のある文字で視認性・可読性に優れており、誤読を防ぐシンプルな形状で読みやすさと高いデザイン性を備えています。視力や環境に左右されることなく幅広い年齢の方にとって認識しやすいよう設計されています。

※お客様の通信環境により多少違和感がある場合があります。

今後も皆様に喜んでいただけるサービスを提供していきたいと思います。
引き続き、御愛顧賜りますようお願い申し上げます。

  • ご利用ガイド
  • 印刷のお見積り
  • 印刷のお申し込み
  • 印刷サンプル請求
  • WEB入稿
  • お問い合わせ