マツオ印刷株式会社 » ご利用ガイド » テクニカルサポート » Word データ入稿

Word データ入稿

データの修正についてテンプレートダウンロード注文の受付確定日入稿に必要なデータ
Officeデータ(Windows版)のPDF変換方法データ作成の注意点

枚数によってはプリンターで出力するより印刷の方が断然お得です。ぜひ一度お試しください。

印刷を依頼される場合、まずはその前に「データ作成」という作業が発生します。DTPデザイナーが愛用するイラストレーターやフォトショップの操作は、専門知識が必要です。

しかし、Microsoft Word・Excel・PowerPointを使えば「データ入稿」も簡単に行えます。

ご自分の納得いく1枚のデータを作って「印刷」にチャレンジしてください。初心者の方にも安心してご利用いただけるよう解りやすくご説明いたします。
(フリーダイヤル:0120-00-8060 携帯電話もOK)

※Mac版のWord・Excel・PowerPointには対応しておりません。ご了承願います。

Word Excel PowerPoint

Word2016 2016 Excel2016 2016 PowerPoint2016 2016

Word2013 2013 Excel2013 2013 PowerPoint2013 2013

Word2010 2010 Excel2010 2010 PowerPoint2010 2010

word2007 2007 excel2007 2007 PowerPoint2007 2007

word2003 2003 excel2003 2003 PowerPoint2003 2003

データの修正について

弊社にお客様が使用されているフォントが無い場合は、MSゴシックなどに強制的に置き換わり、レイアウトが崩てしまいます。そのため、印刷前に必ず校正を確認していただいております。

そのまま印刷してしまうと不都合と思われる箇所が有れば、微調整の範囲で修正を加えてお客様にお見せいたします。

初心者の方にも安心してご利用いただけるようお手伝いをさせていただきます。何なりとお申し付けください。

テンプレートダウンロード

折りパンフレットなどで仕上がりサイズや折り位置がわからない時は、ガイド付きテンプレートをご用意しております。

下の図は、Wordで作成した展開A4サイズ 三つ折りパンフレットのテンプレートサンプルです。
仕上がり線は赤、折り位置は青点線、フチ無し印刷時のデータ作成線は青で表示しております。
データ作成時に大変便利です。是非ご利用ください。

テンプレートサンプル

テンプレートダウンロードはこちら

注文の受付確定日

ご注文の受付確定日は、お客様からデータが届いた時ではありません。お客様には必ず校正メールまたはプリンター校正(無料)をご確認いただきます。その内容にご承諾いただいて、校正完了のメールを弊社が受信した日が受付確定日となります。

受付確定日とは

入稿に必要なデータ

1.Word・Excel・PowerPointデータ
2.スクリーンショット
 スクリーンショットは、弊社で確認用として使用いたします。

スクリーンショットの作成方法

Word・Excel・PowerPointデータから作成されたPDFデータも入稿可能です。

PDFデータ作成にご不明の点がございましたら、下記のOfficeデータ(Windows版)のPDF変換方法をご覧下さい。

Officeデータ(Windows版)のPDF変換方法

Office 2010(Word 2010・Excel 2010・PowerPoint 2010など)から印刷用PDFを作成するための手順です。
作成されるPDFデータはRGBで、写真・画像の画質が220dpi程度になります。弊社でCMYKに変換後、印刷用データとして使用いたします。

上記の変換方法で作成されたPDFデータは、文字・イラスト中心のデータであれば問題ありませんが、高解像度の画像(写真)を使用され、鮮明な印刷物を作成されたい場合には不向きです。その場合は、Wordデータをそのまま入稿していただいて印刷する事をお勧めいたします。但し、弊社で変換したPDFデータを校正していただく必要がありますので予めご了承ください。

データ作成の注意点

フォント(書体)について【重要】

弊社にフォントが無い場合、他のフォント(MSゴシック)に置き換わります。
上記の理由から、データを入稿いただくお客様には必ず、レイアウトの崩れがないかなどの校正作業をお願いしております。もしフォントが置き換わっている場合は連絡をお願いいたします。
使用可能なフォントを教えてください

色変換について

画面上の色に出来るだけ近づけるよう変換いたしております。
ワードではどんな色を使えばいいですか

塗りつぶしの透過性(透明)、パターン、テクスチャについて
塗りつぶしの透過性(透明)はモアレが発生するなど綺麗に出力されず、イメージが変わる場合があります。予めご了承ください。
透明について

ワードアートについて

影や塗りに透明、パターン、テクスチャなどを設定される場合、正常に変換する事ができずイメージが変わる場合があります。予めご了承ください。

文字のボールド機能について

文字のボールド(太字)を、画数の多い太ゴシック体に適用するとつぶれてしまう事があります。
その場合は、ワンランク太いウエイトの書体をご使用ください。
ワードのボールド処理について

画像の解像度について

印刷物では350dpi程度を必要とします。デジタルカメラの解像度によって違いますが、高品質な画像を印刷するには下記の倍率で縮小した後、レイアウトする事をお奨めいたします。
・72dpiの画像………20%(5分の1)
・180dpiの画像………50%(2分の1)
※解像度が不足している場合、印刷物の画像は粗く仕上がってしまいますのでご了承ください。
デジカメや携帯電話の画像は印刷用写真データとして使用可能ですか

裁ち落としについて

写真や絵柄などをページの仕上がりいっぱいにレイアウトして、余白をなくしたデザインにする場合は、一回り大きな用紙の中に絵柄を作る必要がありますのでご注意ください。

レイアウトの崩れについて

レイアウト崩れを未然に防ぐことができます。

白黒印刷への変換について

カラーでお作りいただいたデータを白黒1色印刷する場合、弊社でグレースケールに変換をさせていただきます。その際、色のイメージはかなり変わりますのでご了承ください。特に薄い黄色などの文字は読みづらくなる可能性があります。

※データの送信方法は入稿方法、納期についてはご利用ガイド、校正についてはオプションをご覧ください。
※作業方法やその他の疑問などついては、よくある質問(FAQ)をご参考ください。

作業方法について分からないことがあればお電話でもご説明いたします。
TEL(0120)00-8060 担当:松尾りょう までどうぞ

ご利用ガイド
  • ご利用ガイド
  • 印刷のお見積り
  • 印刷のお申し込み
  • 印刷サンプル請求
  • WEB入稿
  • お問い合わせ